DETAILS
★仕様/お手入れ方法/豆知識..etc

 
Bのカットソーに使われているパーツや素材、カットソーの豆知識、専門用語のご紹介
大切に長く愛用していただける一着をつくるためにたくさんの工夫をしています。





☆BTシャツの仕様☆

ガゼット襟下にある三角形のパーツ。BのTシャツのガゼットには伸縮性の高いフライス生地(2枚重ね)を使用しています。*着用〜洗濯を繰り返しても首回りがヨレない仕様になっています。
また、Bでは『ハメコミ式』でも『ハリツケ式』でもない仕様を採用して、ガゼットまわりのヨレもなく着るほどに風合いが出るように工夫された手法で縫製しています。


双糸(ソウシ):Bが使用している双糸は、細い2本の糸を撚って1本にしたもので、単糸に比べて手間がかかり高価ですが、柔らかさと丈夫さを兼ね揃えた素材です。*番手数が大きくなるほど細い糸になります。

コーマ糸(コーマシ):強度を高めるために、繊維をコーマという機械で紡績した高級綿糸の事です。BのTシャツはコーマ糸を使用しております。

紡績:紡績とは原料の繊維を撚って(よって=ねじって)糸にすることです。生地は糸で決まると言われるほど重要な工程です。

撚糸:糸に撚りをかけること(もしくは撚りをかけた糸のこと)です。撚糸によって生地の肌触りや風合い、強度が変わってくるので繊維製品にとって、とても重要な工程です。甘撚だと柔らかい風合いになり、強撚だとかたい肌触りになります。、、また、タオルなどでは、無撚糸も使われています。
*使用する綿糸や編み方などによっても風合いや肌触りは変わります。

天竺:Tシャツに一番多く使われている編み方で、横への伸縮性が大きいのが特徴です。

丸編み機:筒状に生地を編んでいく円形の編機。*Bの生地は全て日本製の丸編み機を使用して丁寧に編み立てています。

ゲージ:1インチあたりの針の本数で、編機の針の密度を表します。10ゲージであれば10Gと表記します。ゲージの適合番手より太い糸(度詰め)で編んだり、細い糸で編むことによって風合いを変えることもあります。

杢グレー:糸の段階で白と黒の綿を叩いて混ぜながら紡いだ、霜降りグレーとも言われるBの定番カラーです。強度を保つのが難しく、手間がかかるため、杢グレーTシャツはポリエステル混が多いですが、Bは綿100%にこだわっています。他の色とはまた違う、サラッと着られる杢の生地感をお楽しみください。

綿100%:綿は人にやさしい自然の食物繊維で、繊維の先端が丸いので柔らかく肌触りにも優れています。また、通気性・吸湿性が高く、内側に熱を持つと水分を外に発散してくれるため夏でも比較的さわやかに着ることができます。


裏毛:表は平編み、裏はパイル状に編み込んだ太い糸を繋げたスウェット生地のことです。
*パイルを立てて空気を含ませることにより、熱が放出されにくくなり冬でも暖かく着ることができます。



バインダーネック:生地を襟のリブで挟み込んで縫製したものです。BのTシャツはフライス生地のリブを2本針縫製で取り付けています。強度が高く、外観的にもガゼットとの相性が良い仕様です。
☆はめ込み式ガゼットを3本針両振りステッチごと挟み込む仕様は、Bこだわりのメンズなスウェット感を演出しています。

クルーネック:普通の丸首のことです。Bのカットソーの襟元は着用〜洗濯後に余裕のある(きつすぎない)開き具合になるようにデザインしてあります。



タグ:Bの初代ブランドタグ。プリントではなく、糸を織ったものです。
敏感肌の方やチクチクが気になる場合は、タグの表側の白い縫い糸を切ることによって取り外すことができます。



リブ:袖口や襟、裾に付いている伸縮する生地の部分です。
Bでは、スウェットライクな外観にすること、伸縮を補強して型崩れを軽減すること、長年愛用していただいたときに良いクタ感・ビンテージ感が出ることを目的にリブを付けています。縫製は2本針のロック付け(縫い合わせ)に二本針ステッチの補強を入れています。*縫い終わりのほつれ止めを含めてディテールにこだわっています。



ラウンド型ポケット:Bのポケットは角が丸いラウンド型です。
ポケットには四角型やホームベース型などがありますが、Bのベーシックなカットソーに一番相性の良い形にしてあります。



品質タグ:左側の裾上にサイズタグと品質タグを取り付けてあります。
左から→◎液温40℃限度。洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良い。◎塩素系漂白剤による洗濯ができない。◎アイロンは中程度温度(140〜160℃)でかける。◎ドライクリーニングはできない。*ドライクリーニングとは、型崩れを防ぐために生まれた有機洗剤を使用したクリーニングです。一般のご家庭ではできません。


上記は、私の経験によるもので仕上がりには差があります、自分流のアレンジを加えていただき、末永くBの商品をお楽しみいただければ幸いです。
 

セットインスリーブ:普通袖のことです。

ラグランスリーブ:襟から袖下にかけてななめに一続きになっている袖の形です。
肩や腕が動かしやすいのでスポーツウェアに多い仕様です。


オンス(OZ):生地の厚さを判断するために使用されている質量の単位ですが、糸の太さや編み方で風合い・仕上がりは異なります。

白Tシャツの透ける・透けないについて:Bの定番Tシャツは、高級な30双糸を度詰めで編み立てた透けにくい厚手生地を使用しています。
*厚すぎない夏でも着られるちょうどいい生地です。



着丈・身幅・袖丈:上の写真のような一般的なサイズ表に記載されている丈と幅のことです。
Bでは着用時にきれいに見えるシルエット、着心地のよさ、着脱のしやすさを追求して、身幅/着丈/袖丈/アームホール/リブ幅/ステッチ幅を決定しています。バランスの取れたシルエットが良いTシャツの一番の条件です。

サイズ:洗濯によって4〜5%縮みます。普段着用されているTシャツを採寸していただき、実寸値より若干大きいサイズをご購入いただくとちょうど良いと思います。サイズ選びでお悩みがありましたら、お気軽にご連絡下さい。b-info@islandz.co.jp

パターン:服の形に生地を裁断するための型紙です。Bではカットソーづくり30年以上のノウハウとお客様の声をもとに改善を繰り返してきた型紙をベースに、オリジナルパターンをつくっています。細身の方もがっちりの方もオシャレが楽しめるオリジナルカットソーになっています。

☆お手入れ方法☆

1-アイロンがけ

アイロンがけの手順と注意点:
・まずはアイロン台の上で綺麗に伸ばす。*温度は160℃くらいが最適。
*しわがひどいときは霧吹きで湿らす。
・上から下にアイロンをかけていく。*アイロン台に乗らない場合は左右で2回に分ける。
・ガゼットやラグラン部、リブなどの縫い目を避ける。*アタリをふせぐため。
・濃い色のTシャツは特にアタリが出やすいのでアイロンを強く押し当てすぎないようにする。
・プリントTシャツはあて布をするか、印刷部分を避ける。

写真のようにガゼット部分を避けてアイロンをかけます。


端までアイロンをかけると折り目がついてしまうので、直前で止めます。


シワをしっかり伸ばしながらゆっくりとアイロンがけをします。
急ぐとシワに乗ってしまい当たりの原因になります。

*最後に、必ず電源を切りましょう!

アイロンがけをしたTシャツは気持ちいいしカッコイイです。
是非、トライしてみてください!


2-Tシャツ(タグ)のチクチクについて
Tシャツを着るとタグのところがチクチクすることがあると思いますが、襟のチクチクはタグの四隅が原因なので、タグを取り外すことに抵抗がある方は、角をハサミで切り落とすと改善されます。*角(端っこ)のとがっている部分だけを0.5mmくらい切ればOKです。


品質タグ(洗濯ネーム)のチクチクが気になる場合は、内容を確認のうえハサミで根元から切り離してください。
*BのTシャツの品質タグは左側の裾付近取り付けてありますが、Tシャツによっては襟に付いていたり、丸胴のヴィンテージTシャツは脇に付いているものもあります。

3-洗濯について
手洗いをしてから平置きで日陰干しするのがベストですが、手洗いは手間がかかりすぎるという方は下記を参考に洗濯機で洗ってください。
1-洗濯ネットに畳んで2〜3枚入れる。
2-中性洗剤を使用して洗濯機で洗う。
3-脱水は1〜2分。
4-しわを軽く伸ばしながら二つ折りで室内干し又は日陰干し。
それも面倒くさい!という方は何も気にせずに他の服と一緒に洗濯機に入れて洗って脱水して、ハンガーで干してくださいw。品質の保証はできませんが、、5年間『着用〜何も気にせずに洗濯機で洗う〜ハンガー干し』を繰り返した私物のBTシャツは、首まわりは伸びていますがヨレは発生しておらずまだ現役です。
ただ、ハンガー干しをする場合はパンパンと軽く振り、形を整えながら服とハンガーの肩をしっかり合わせて干すのがポイントです。それをやるだけでしわ防止になりアイロンがけも不要になります。

注:Bで使用している30/2や16/-などの厚めの度詰め生地の場合は、ハンガー干しによる首まわりの伸びはあまり気になりませんが、薄手の生地でガゼット付きだったりすると、かなり伸びてしまうこともありますのでご注意ください。また、バインダーネックはハンバー干しをしてもほとんどヨレませんがクルーネックだとヨレが出ます。
*首回りの伸びが気になる方やネックのタイトな感じをキープしたい方は二つ折りでハンガーにかけるのをオススメします。

 
☆Tシャツ豆知識☆

【綿糸について】
綿糸にはカード糸・コーマ糸・セミコーマ糸の3種類あります。
*Bではコーマ糸を使用しています。

カード糸:不純物(葉カスや糸にならない短い繊維)を除去した一般的な糸。
コーマ糸:短い繊維を更に丁寧に除去して繊維の均一度を上げた高級糸。
セミコーマ糸:カード糸とコーマ糸の中間です。

カード工程に使われる機械の状態や綿花、、その他様々な条件が品質に影響するので、一概に糸の種類だけでは良し悪しを語ることはできませんが、一般的にはコーマ糸を使用したTシャツは見た目にツヤ/光沢があって高級感があります。また、コーマ糸はカード糸より切断強度が高いです。

【白Tシャツの生地について】
一般的な白Tシャツには、”白”、”オフホワイト”、”ナチュラルホワイト”、”生成り(アイボリーホワイト)”などいろいろな表記があります。
天然繊維そのものの色でつくられたものが生成り、それを染色するための下準備として自然な白色に漂白して仕上げた状態が晒白(当店ではナチュラルホワイトと表記しています)。そしてそれを更に鮮明な白に漂白した状態がごく一般的に使われている”白”、晒白をわずかに黄色などで染めたものがオフホワイトです。*生成りのカスや汚れを落とした状態のものをオフホワイトと呼ぶ場合もあります。
Bではヴィンテージな仕様と一番相性が良く、使用している上質な生地の良さや自然な風合いが出る晒白(ナチュラルホワイト)を使用しています。

 
*ご意見・ご感想など、どんなことでもお気軽にお申し付けください。⇒b-info@islandz.co.jp
 
 国産カットソー 【B-WEBSTORE】
 
*ものづくり写真館はこちらから*